HOME製品一覧ごあいさつ企業情報お問合せ

お問合せ 03-3814-1635

フィジオフローとは…
測定原理、相関など

フランス マナテック社

フィジオフローとは… 測定原理、相関など (説明)

フィジオフローの測定原理

ベースライン(ZO)法を採用せず、インピーダンスシグナル(純粋な波形解析)の形態学、シグナル形態学インピーダンスカーディオロジー(Signal-Morphology Impedance Cardiology = SM-ICGTM)を使用しました。測定時にインピーダンス・ベースライン(ZO)の変化に起因する不安定要素を排除しました。

この新たな発想を基にした新インピーダンス・アルゴリズムの開発採用は、インピーダンス波形の変化の解析が容易に行え、安静時はもとより運動負荷試験時においても体動に影響されず正確に連続にモニターできます。

フィジオフローではシグナル形態に基づく新アル計測位置ゴリズム(※特許)を用い、心周期を時間的にみたインピーダンスシグナルの特定の点、ならびにこのシグナルの1次導関数(dz/dt)および相対的振幅を検出しています。

こうした特定の点の組み合わせにより、シグナル形態を評価し、一回拍出量を算出することができるようになっています。これは、インピーダンス・べ一スラインがたとえ不安定であっても、これには全く影響を受けず計測されていることを意味します。

フィジオフローはこの測定原理により、従来のインピーダンス式心拍出量計に比べて正確かつ再現性が高く、又使用が容易であり様々な病態生理状況での臨床検査が可能です。

SM-ICGTMは、非侵襲血行動態モニタリングの限界に挑戦し、困難な測定条件、患者でも正確かつ再現性のある機密性の高い測定を提供します。
(※1995 日本国特許取得)

従来のインピーダンス心拍出量測定装置

べ一スライン(ZO)法を採用しているため、測定精度を上げるために電極の装着や被験者への制限が多く、又体動による測定ミスが多く臨床面で実用的ではありませんでした。 一回拍出量を算出する際、従来のインピーダンス式心拍出量計はいずれもインピーダンス・ベースライン(ZO)を必要とします。
インピーダンス・ベースライン(胸郭インピーダンスの絶対値:ZO)法は、電極の位置の決定方法、皮膚の厚さならびに発汗、および胸部インピーダンスを変化させる要因の内、一回拍出量とは直接相関しない病理現象(たとえば肺水腫や気腫等)に大きく左右されます。
また、このインピーダンス・べ一スラインは運動時に大幅に変動するため、こうした運動負荷試験などの条件下では測定値が不安定、又は測定不可能となります。従ってこのインピーダンス・べ一スライン法によるカルジオグラフは、特殊な研究以外の臨床検査にはほとんど用いられることがありませんでした。
過去20年間に渡り、従来のICG(Z0)が向上し微調整されましたが信頼性の低いベースライン胸部インピーダンス(Z0)にたいする基本的な依存は克服されることはありませんでした。
上記の問題を解決するため、従来のベースライン胸部インピーダンス(Z0)とは独立したPhysioFlowにより再発明されました。  

測定グラフ

ページトップに戻る

お問合せメール

非侵襲インピーダンス式心拍出量計(マナテック社)